トップ

水素水で老化を予防

水素水とは何か徹底解説

水素水とはそもそもなにか?

近年美容や健康に様々な効果があると報告され、注目されているのが水素水です。一体どんなものなのか詳しく知りたいという方のために、まずは水素水や水素の基本的な性質について解説していきます。水素水を取り入れたいならこちら。

水素水に含まれている水素は、宇宙に一番多く存在している分子です。私たちの細胞を構成している様々な物質の元でもあります。水素はその抗酸化力で、ひとつひとつの細胞が正常に働けるように環境を整えてくれます。全ての物質の中で一番小さくて軽く、拡散しやすい性質を持っており、体の中を自由に動き回って悪玉活性酸素と結合し、無害な水に変える働きがあることが分かっています。

水素水は医学的には「水素豊富水」と呼ばれます。水素原子(H)が2つ結合してできた水素分子(水素ガス・H2)がたくさん含まれている水です。水素の抗酸化力を手軽に取り入れるための飲料水として注目を集めています。

水素は酸素と容易に結合してしまうので、本来は水素分子単体で水中に存在することはありません。そのため水素水は、水素分子に圧力をかけバブル化することで水に溶存させる方法や、水の電気分解により水素分子を発生させる方法で作られています。

水素は圧力をかけるほど水中に溶け込む量が増えます。しかし実際に飲用する時には常気圧になり、その状態では水中の水素濃度は最大で1.57ppmであると証明されています。

売られている商品の中には、スティックタイプで2.0-2.6ppmなど高濃度の水素水を生成できると謳ったものがあります。容器に蓋をして作る時には圧力がかかるため、確かに高濃度の水素水は出来るものの、蓋を開けて飲む時には1.57ppmの濃度に下がってしまうことを覚えておきましょう。