トップ / 水素水を正しい飲み方で

水素水で老化を予防

水素水を正しい飲み方で

効果を発揮する水素水の飲み方

水素水には、効能をきちんと感じるための飲み方があります。効果が実感できない方は、飲み方が間違っているのかもしれません。一日の適切な摂取量や飲むタイミング、さらにいくつかの注意点を挙げていきます。

水素水を摂取すると、その内の20%以上の水素が体に吸収されます。その量は、体内にどれだけ活性酸素があるかによって変動します。体内の活性酸素の量が多ければ20%以上、少なければ20%以下となる場合もあります。

一日に摂りたい水素の量は2.0mgです。これは臨床試験により最も効果があると分かった値です。この量を3回に分けて摂るのが理想です。水素2.0mgを1.0ppmの水素水で摂るには、2L必要になります。それぞれの商品の水素濃度により摂取量は変わってきますが、一日に1から1.5Lが大体の目安となります。即効性はないので、最低でも4週間ほど飲み続けてみましょう。少しずつ効果が感じられてきます。

水素水を飲むタイミングに決まりはありませんが、おすすめなのは活性酸素が作られる前後に摂取することです。体が酸化しやすい時に飲めば、水素の抗酸化力をより実感できるでしょう。具体的には運動の前と後、紫外線を浴びる前と後、お風呂から出た後です。他にも水分が失われている寝起きや、肌の生まれ変わりを促進するため就寝前に飲むのも良いです。

また、水素分子(水素ガス)は宇宙で一番小さい分子で拡散しやすいため、ペットボトルやガラス容器の外へ簡単に抜け出てしまいます。そのため、水素水はフタを開けたらすぐ飲むことが肝心です。アルミパウチに入っているタイプが最も抜けにくく、携帯性にも優れていて使いやすいようです。熱にも弱い性質なので常温で飲むようにして、熱の発生する場所には保管しないようにしましょう。