トップ / 活性酸素はなぜ増える?

水素水で老化を予防

活性酸素はなぜ増える?

活性酸素が増えてしまう原因

私たちの体を酸化させ、老化の原因となるのが活性酸素です。ヒトは一日に500L以上の酸素を呼吸により得ています。体内に入った酸素の2%が活性酸素に変わります。元々活性酸素は、体内に入ってきたウイルスや細菌をやっつけるために作られるものです。

問題なのは、増えすぎると細胞や遺伝子までも攻撃してしまうことです。攻撃を受けた細胞は酸化し、肌トラブルや様々な老化現象が起こります。これがいわゆる「体の錆」と呼ばれるものです。

活性酸素が過剰に作られてしまう要因としては、加齢により抗酸化力が徐々に低下することや、それぞれの生活習慣や環境の影響があります。例えばストレスを受けると、体は対抗するため緩和作用のある「副腎皮質ホルモン」を分泌します。その時、活性酸素も同時に生成されてしまいます。

また、抗酸化力の強いビタミンCにもストレスを和らげる作用があります。そのためストレスを受けると大量に消費され、活性酸素を抑制する物質が減ることになってしまうのです。

他にも紫外線を浴びると、その害から体をガードするため活性酸素が作られます。肌に直に浴びると強い活性酸素が発生し、肌トラブルを引き起こすので注意が必要です。

基本的に体に害をなすものを攻撃するために活性酸素は作られるので、タバコや食品添加物、大気汚染なども発生要因となります。アルコールは適量であれば活性酸素を減らす効果があるのですが、分解する時に活性酸素が生成されてしまうので飲み過ぎは禁物です。

バランスの良い食事で抗酸化物質を摂り、しっかり睡眠をとることでストレスを溜めないようにするなど、規則正しい生活を送るように心掛け、過剰な活性酸素を生まないようにしましょう。